Home > 海外旅行 Index > 2006年5月 久々のプーケット
|準備|1日目2日目3日目4日目5日目
■ はじめに
かなり出遅れましたが、年が明け1月に特典航空券の空きを調べはじめました。 やはり、成田からバンコク(プーケット)は希望の便はなく、いろいろ考え今回のようなルートになりました。

希望としては、3日中にプーケットまで到着。これは絶対にゆずれなかった。
以前は毎年行ってたプーケットですが、ここ何年かはご無沙汰。さてはてどんな風に変わってるのか楽しみです。

■ 特典航空券発券、座席指定までの道のり
[1月]
もともとGWの予約をいれるには出遅れてるので成田からの便が取れるはずもなく、試行錯誤しながら何とかルートを決定。 しかし、一番初めの区間 羽田〜関西国際空港 はキャンセル待ちです。
出発の1週間前(4月26日)までキャンセル待ちができるということでした。(言い換えれば26日に発券しなければ、他の区間も全部ダメになる)

[3月]
5月3日の国内線の航空券開始日、
「もしかして取れないことを考えたらここで買っといたほうが安いんじゃないか」
と思い、ANAに電話してちょっとどんなもんか探り(笑)を入れてみました。
今キャンセル待ちは「10名(10番目)」、「例年だとこの程度なら直前に取れることが多いですね」とうれしいお言葉をいただき、 気長に待つことにしまいした。

[4月]
待てども待てども、うれしいお知らせは届かず。そのうちに、普通に売ってるチケット(特割など)の残席数もどんどん減っていき、空席待ちの状態になってしまいました。。・°°・(>_<)・°°・。 しかし望みは捨てません。

[4月26日]
やはり、OKになる気配はなく、夕方ANAに電話をしました。(相変わらずつながりにくいが)
「羽田〜関空」を抜いたルートは発券していただくことにしました。しかし、発券するのもすごい時間がかかって^^; 「ちょっとお待ちください」とまたされるのですがそれが10分を超えたらり、思わず電話を切りたくなりましたが、なにせ期限ギリギリなので 我慢我慢。
「座席は窓側から並びの席でお願いします。」
「他社便なのでリクエストとなりますが、よろしいでしょうか」
「はい」
こういう会話もしたんですけどねぇ・・・・・・

羽田〜関空ですが、電話を切るとすぐWebで空席待ちをいれました。(これは2日前までできるらしいです) 取れなかったら新幹線ですね。

[4月27日]
E-Ticketは郵送でお願いしてたのですが、念のためWebで控えを印刷しました。 それを見てびっくり、画面には2人とも「窓側リクエスト」と書いてあるではないですかぁ〜。(・・?) エッ
なんとなく信用できなくなって各航空会社に電話してシートリクエストをすることにしました。

アシアナ航空
聞いてみると案の定、端と端、つまり同じ列の左右の窓側の席が取れてました。 _(^^;)ツ アハハ 電話にでたお姉さんも「一緒にご旅行なのにおかしいですね」と笑ってます。 電話してよかったよ、本当。

シンガポール航空
まず、「ANAで取ったスターアライアンスの特典航空券なのですが」というと、ビジネス・ファーストクラスのみ座席指定可能という話でした。
ここはまだ座席指定は入ってなかったようです。しかし窓側の席で並びでとなるともう2列しか残っていないということでした。 無事ここも確保できました。

タイ航空
タイの国内線は事前の座席指定は受けてないということでしたので、帰りの BKK-ICN をお願いしようとしましたら、ここはちゃんと窓側から並びで予約されてました。 やるじゃん、タイ航空!ブラボー

なんだか、やたら携帯代のかかった2日間でした。ふぅぅぅぅ、疲れたよ〜。

[5月2日]
Webでのキャンセル待ちができる期限が5月1日23時59分。ギリギリまで待ちましたが、結局ANA,JALともに撃沈。新幹線と在来線を乗りついで、関空まで行くことになりました。


日程 : 2006年5月3日(水曜日) 〜 7日(日曜日)

Air スターアライアンス特典航空券 (ビジネスクラス使用)
[往路] SQ975 KIX(1330) - BKK(1725)
TG215 BKK(1925) - HKT(2045)
[復路] TG218 HKT(1855) - BKK(2050)
TG658 BKK(2350) - ICN(0715)
OZ102 ICN(1000) - NRT(1210)
Hotel シェラトン・グランデ・ラグーナ・プーケット
LUXURY ROOM
[料金プラン] ESCAPE INTO LUXURY $169.00 (朝食、ホテル〜空港間のシャトルでの送迎付)

[BACK] [NEXT]
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO